私たちペブルF.O.(フードオペレーション)について

ペブル F.O. フードオペレーション について

We are pebbles, but soon will be a great rocks.

私達は今は小さな石だが、すぐに大きな岩になる

始まりは小さな河原の石だった。
まもなく創業30周年
進化を遂げるペブルフードオペレーション
幾多の衝突と結合
必ずそこには、ニコニコ顔で勇気ある挑戦と
おいしさ楽しさ心地よさの理念が存在していた
そして再び・・・

Blog
ペブルF.O.(フードオペレーション)これまでとこれから

代表ご挨拶

代表

昨今の飲食業界は食の安全・安心を求められつつも、食材の高騰や競争の激化など厳しい状況にあります。当社では、「おいしさ 楽しさ 心地良さ」を経営理念の一つに掲げ、信頼できる商品提供と環境づくりを続けるとともに「おいしさの追求」に力を注いでいます。

「おいしさ」とは、食べて感じるだけではなく、価格やサービスなどを通じお客様の心でも味わって頂くものだと思っております。広い意味での「おいしさ」をお客様にお届けできるよう、地産地消や自家製にこだわり、お客様のニーズに合ったお店作りに取り組んでいます。

我社は昭和61年創業以来、岡山県の郊外に中華ファミリーレストランを出店してまいりました。商店街での小規模店舗の経験はありましたが、郊外型大型店舗の経験や知識はなく、まずはFC加盟店からスタートを切りました。独立を目指し経営技術の習得や従業員教育に力を入れ、独立後の今では郊外に三店舗を出店するまでに至りました。また、平成19年には自家製麺の工房を始動させ、平成20年にはショッピングセンターへの出店も実現し、更なる事業拡大の第一歩を踏み出したところです。

近年めまぐるしく変化する社会構造や価値観に対応した、ビジネス展開を続けるには、従業員一人一人が石となり、一丸となって大きな岩を形成する事が出来なければ、時流についていく事も成長する事も出来ないと確信しています。

HOME
Blog
ペブルF.O.(フードオペレーション)これまでとこれから

ペブルF.O.経営方針

経営理念 ニコニコ顔で勇気ある挑戦
おいしさ・たのしさ・心地良さ
経営方針 おいしさは、お客様・会社・スタッフを幸せにするパワーと信じ、こだわる。
お客様に楽しさ、喜び、満足、感動を提供する。
働いているスタッフが、この会社に入って本当に良かったと
笑顔の出来る会社づくりをする。
社是 私達は、人間が生きていく上で最も重要な飲食を通じて社会に貢献します。
仕事に情熱を持ち、お客さまのために心からおもてなしをすることで、
地域一番店を目指します。
スローガン What’s pebble?

We are pebbles, but soon will be a great rocks.

私達は今は小さな石だが、すぐに大きな岩になる

HOME
Blog
ペブルF.O.(フードオペレーション)これまでとこれから

会社概要

社  名 株式会社ペブルフードオペレーション
本  社 〒708-0002岡山県津山市上河原216-4
代 表 者 代表取締役  河原洋文
電話番号 0868-24-2987
FAX番号 0868-24-0341
事業内容 中華ファミリーレストラン(岡山県内5店舗)の運営
中華麺の企画製造・販売
ぎょうざの製造・販売(津山餃子部会会員企業)
事業所 本部
らーめんふぁみりー津山店
らーめんふぁみりー久世店
らーめんふぁみりー岡山店
らーめんふぁみりーイオン津山SC店
麺丸。児島店
うどん処 万燈家
麺じゃ工房
ぎょうざ工房
設  立 昭和61年8月
従業員数 120名(パート・アルバイト含む)
資 本 金 1,000万円
売  上 4億8000万円(平成27年12月期実績)
4億7000万円(平成26年12月期実績)
4億8000万円(平成25年12月期実績)
4億7000万円(平成24年12月期実績)
4億5000万円(平成23年12月期実績)
4億円(平成22年12月期実績)

沿革

昭和61年 株式会社ペブルフードオペレーション設立
昭和62年 らーめんふぁみりー津山店 出店
平成 3年 らーめんふぁみりー久世店 出店
平成11年 ゆきむら亭岡山店 出店
平成14年 ゆきむら亭岡山店かららーめんふぁみりー岡山店に業態変更
平成19年 麺工房 設立 (製麺所)
平成20年 らーめんふぁみりーイオン津山SC店 出店
平成22年 ぎょうざ工房 設立
平成23年 らーめんふぁみりー麺丸。児島店 設立
平成26年 うどん処 万燈家 出店
平成27年 うどん処 万燈家 売却
らーめんふぁみりー麺丸。児島店から居酒屋炭火とめし下町酒場に業態変更
HOME
Blog
ペブルF.O.(フードオペレーション)これまでとこれから

さまざまな取り組み

材料の地産地消への取り組みを強化

久世店のご飯には、岡山県産あきたこまちを使用しているほか、餃子のあんには地元、日笠農産の津山黒豚を使用しております。

身体に近い水πウォーターを使用

お客様にお出しするお冷から調理にいたるまで、ミネラルや酸素を適度に含んだ「身体に近い水」πウオーターを使用。安心安全でおいしいお水を提供しております。

全店炊き出しスープ

厳選したガラを使い、全店スープは自店で炊き出ししています。地域の方々とともに変えていくため、全店違うスープというのも「らーめんふぁみりー」の特徴です。

ペブルフードオペレーションはカンボジアの方に、井戸と地雷撤去のための草刈り機を贈呈しました(2012年)

障害者施設の皆さんが心を込めて作った手作りの商品を販売しています。

らーめんふぁみりー岡山店の屋根に太陽光発電パネルを設置しています。

らーめんふぁみりー岡山店では割り箸を廃止し、洗って何度も使える樹脂製のエコ箸を使用しています。

HOME
Blog
ペブルF.O.(フードオペレーション)これまでとこれから

ペブルF.O.これまでとこれから

採用情報

ペブルフードオペレーションブランドを確立させ、
様々な食シーンで、美味しさを提供できるように出店していきます。

ペブルF.O.ブランドとは

 創業30年にして、いまだこれと言える商品を世に生み出していないのが、ペブルフードオペレーションの課題の1つです。しかしそれは、1つの商品に頼らず、常にお客様の声にお応えすることに注力してきたからこその今の姿でもあります。長年培ってきたその経験は、誇りであり、未来の礎ともいえると思っています。
 2015年はペブルフードオペレーションブランドの第一弾として、大々的に津山店、久世店、イオン店で、「津山ブラック」を押していきます。これはペブルフードオペレーションブランド確立に向けた、勇気ある挑戦の一歩。叶えば、多店舗出店も夢ではありません。
 今こそ、30年学んできたノウハウをアウトプットし、美味しさで皆様を笑顔にする商品、店舗を創造していく時と認識し、らーめんふぁみりーの他にも、うどん処、鶏白湯ラーメン店など、3年で6店舗出店を目指しています。

HOME

Future blueprint of Pebble F.O.
未来店舗の設計図

これは、ペブルF.O.が近い将来つくってみたいと思っている店舗の想像図。
こんな夢をスタッフのみんなで語りあう時、それはたまらなくワクワクする最高の時間です。

まだ「夢」の段階なので、この通りに開店出来るかはこれからの努力しだいです。
だけどできるだけ早く、一つでも多くのワクワクを形にできるよう、ペブルF.O.は努力とチャレンジを続けてまいります。

HOME

職場環境整備に力を注ぎ、社員満足度を高め、
安心して、働ける職場づくりを行う。

HOME

採用情報

わたしたちペブルF.O.は、岡山県全土で「麺」を軸に
ひろい視野で外食産業を切り拓いています。
こんな情熱あふれる私たちと、一緒に働いてみませんか?
ちりぢりだった小石が集まって大きな岩となるように、
未来のペブルF.O.を形づくるあなたを待っています!

NEXT
先輩達の声

勤務の流れと役職・昇級について

入社後 現場での業務(主にキッチン・ホール)
新人育成カリキュラムを実施
  現場での働きで認められると
約2年後 役職希望の有無を聞く
配属された役職にあわせたスキル獲得などに応じ、
昇級制度にそって評価
早ければ副店長から2年で店長に!
最短で22歳の店長も夢じゃない!!
入社後 現場での業務(主にキッチン・ホール)
  現場や会議での発言などにより
約1年後 能力次第で、早ければ1年で店長に!
または、役職希望の有無に応じて配属
役職にあわせたスキル獲得などに応じ、
昇級制度にそって評価
HOME

メッセージ

ペブルF.O.が求める人物像

Message 1

麺じゃ工房 工房長

横山徹

2010年入社。 企画マン、新聞記者を経て長年夢だった飲食関係に飛び込む。 とにかく食べること、飲むことが大好きで酩酊すると調子に乗って、誰彼かまわず講釈をたれる。

モットー 「一麺入魂」

全力でぶつかれば道は開ける!

私は二十歳の時に小説家を目指しましたが、数年後、夢破れた時点で自分なりに将来の人生設計を描きました。それは生涯で3つの職業に就くというプランです。 1つは、スポーツ関係。2つ目は、物書きのしごと。そして自分の人生の最後の集大成ともいえる仕事を考えた時、「食べること=生きること」に行き着きました。 飲食関係は全くの素人でしたが、「一念岩をも通す」の言葉通り本気でぶつかった結果、工房長という重責を担い、数々の成果をあげることができたのです。 目が回るほど忙しい毎日ですが、信頼のおけるスタッフ達と共に、お客様から「うまい!」と言っていただける麺を作るため日々研鑽しています。

私のこれまでのできごと

じぶん年表

1980年代前半
本気で小説家になると決心しかし現実は厳しく、早くも挫折し、負け犬人生に。
1980年代後半
バブルの絶頂期にゴルフクラブメーカーに何とか就職。ボーナス15ヶ月分をもらって世間を完全になめてしまう。
1990年代前半
あれは夢か幻か。バブルがはじけて奈落の底に。
1990年代後半
ヘッドハンティングで急成長期の企業へ就職。入社2ヶ月で企画室トップに就任。
2000年代前半
働きすぎで体調を崩し退職。地域新聞社に記者として入社。
2000年代後半
記事を書くことに飽きて退職。
2010年6月
人生設計最後のピースをはめるため、当社に入社
2010年7月
素人ながら下積みなしで工房長就任。
2012年12月
麺じゃ工房の実績が上がらず真剣に悩む。
2014年2月
劇的に業績が上がり、専務賞などの表彰を受ける。

じぶんバイオグラフィー

HOME

Message 2

久世店

中山弥生

略歴

たくさんの「ありがとう」でお客様とコミュニケーション

「ありがとう」私は日本語の中でこの“ありがとう”という言葉が一番好きで一番温かい言葉だと感じます。 普段、日常の中で“ありがとう”を何回人に言えているでしょうか? 心から気持ちを込めて、“ありがとう”を何回人に言えているでしょうか?
私は、弊社にパートタイマーで勤めて今年で3年目になります。 改めて振り返ってみると、まだまだ3年目ですが、色々なことがありました。 ここで一番に言えることは、ここでの仕事は毎日が「違う」ことです。 どの仕事でも、日常でも機能と同じ日はないのが当たり前ですが、私はここで働くようになって更にそう強く感じるようになりました。 同じメンバーで働いていても、来てくれるお客様は毎日違う。楽しさ、忙しさ、お客様の客層、すべてにおいて毎日違います。 この違いを私はとても楽しく思います。 最初に言いましたが「ありがとう」この言葉を毎日人に伝えられるここの職場、接客が私は大好きです。 ここに勤めて「ありがとう」の気持ちの大切さをもっと知ることができました。 これからも私はここで、たくさんの「ありがとう」を人に伝え、そしてまた、「ありがとう」と人から伝えてもらえる、そんな接客を、これから先も今以上に楽しみたいと思います。

私のこれまでのできごと

じぶん年表

じぶんバイオグラフィー

HOME

Message 3

久世店 店長

近藤俊彦

1997年4月入社
実家が魚屋、でもお肉が大好きで、育ち盛りで、働き盛りな昭和56年生まれ。 頑張ったら、頑張った分だけ実になる 心からそう思える仲間と会社がここにある。

やりたいことが見つけられる、実現できる。

夢が見つからず、何をやっても中途半端、そんなどうしようもない私でしたが、たまたま見つけた求人情報から応募し、津山店の週3日くらいのアルバイトから出発。 仕事を覚えていくにつれて、どんどん楽しくなっていく、自分を発見!! 19歳で久世店の社員に昇格。 信頼できる上司に、持ち前の料理好きを買っていただき、25歳で店長に就任。 最近では、らーめん塾なる勉強会に参加。 らーめんのイロハを習得。 時には大工工事を任され、棟梁に任命(笑) 弊社の経営理念は「ニコニコ笑顔で勇気ある挑戦」です。 やりたいことが見つけられる、やりたいことが実現できる。 そのために必要な仲間とチャンスがこの会社にはあります。

私のこれまでのできごと

じぶん年表

じぶんバイオグラフィー

HOME

Message 4

営業部長

森岩大和

2000年入社。一度退社(1年半)
岡山店に勤務し、津山店勤務後、再び岡山に戻り2004年店長を経て、2007年SV、2010年営業部長に。 自分にも厳しく、人にも厳しいが、人が大好きな人情派。
 おすすめメニュー 津山ブラック スッキリした中にコクがあるらーめんです。

ニコニコ顔で勇気ある挑戦はもはやわたしの体の一部です。

独立して、らーめん屋をやりたいと思って、入社し、15年が経ちました。一度は会社を辞めて、美作市(旧大原町)の実家へ帰り、お土産屋をやりましたが、当時放映されていた 大河ドラマの宮本武蔵の終了とともにお店をたたみ、再びこの会社に戻ってきました。 弊社のもう一人の部長でもある佐藤貴紀の想いに応えたいと思ったことと、1人で働くより、大勢で働いた方が、実現できることが多く、面白いと思ったことがその理由です。 人は人との出逢いにより人生を大きく変える瞬間があります。佐藤部長との出逢いはまさにそれと言えるでしょう。 仕事に追われ、気持ちは忘れてしまいがちですが、今一度、初心にかえり、一期一会の言葉を胸に、出逢う人の個性を大切に、日々の業務に挑みます。 長所と短所はうらはらです。 短所は多くて大歓迎です。 弊社で短所を長所にして、個性として、一緒に働きましょう! これが佐藤部長から受け取ったメッセージでもありました。

私のこれまでのできごと

じぶん年表

1971年1月
誕生
1982年10月
友人関係で初めての挫折
1986年7月
勘違い(ギター)との出会い
2000年
結婚・入社
2002年4月
佐藤さんと出会う
2003年
離婚、再入社
2010年
部長に就任

じぶんバイオグラフィー

HOME

Message 5

岡山店 料理長

有松翼希

2012年4月 入社
2015年1月 岡山店料理長に就任
店では几帳面だが家では大雑把!

やりたい事にも挑戦できる

私は小さい頃から料理が好きでしたので 高一から入社するまでの8年間飲食店のキッチンでアルバイトをしていました。 大学を卒業し、飲食業に就けたらなと思い求人情報で探していました。 『ぺブルフードオペレーション』今は小石だがやがて大きな岩となる... その言葉に興味を持ち弊社に入社。 社員になり中小企業の集まり社員教育大学や、部長主催の社員塾などたくさん学ぶ場をいただきました。 小石が岩になる様に何かに行きづまったら進んで助けてくれる上司。 毎日が成長の場になりました。 そして、今では料理長という役職に就かせてもらい、新メニューや日替わりランチの作成をしています。 新しいものを見つけ、自分自身のレベルUPをする為に、展示会の参加や資格取得など自分のやりたい事にも挑戦させてくれる会社。 それがペブルフードオペレーション

私のこれまでのできごと

じぶん年表

じぶんバイオグラフィー

HOME

ペブルF.O.が求める人物像

男性編

INDEXへ

ペブルF.O.が求める人物像

女性編

INDEXへ